YENLAND TIME :  

 Top >  Library  |  印刷する印刷ページ       はてなブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

大区分

投資

中区分

不動産

小区分

不動産ファイナンスの基礎論点

項目

1. 不動産ファイナンスにおける財務諸表

入力者 山下章太 更新日 20110507

不動産ファイナンスにおける財務諸表

ファイナンスを理解するうえでは、財務諸表の基本的な理解が必ず必要になります。
もっというと、ファイナンスは、基本的に貸借対照表(B/S)を基準に考えていきます。

資金調達を貸借対照表(B/S)に着目して考えると、大まかに言うと、次の2種類しかありません。

@B/Sの右側を増やす ⇒ 借入・増資

AB/Sの左側を減らす ⇒ 売却 ≒ 流動化・証券化

企業のB/S

会社が作成する会社法上の決算書は、貸借対照表(Balance Sheet: B/S)、損益計算書(Profit and Loss Statement: P/L)、 株主資本等変動計算書、個別注記表ですが、財務内容を分析するために重要なものはキャッシュ・フロー計算書(Cash Flows Statement: C/F計算書)です。

ただし、C/F計算書は、上場企業でもない限り、作成する必要がないため、B/SやP/Lの動きからC/F計算書への影響を把握しな ければなりません。




ご参考情報

弊社代表の山下が執筆した不動産ファイナンスの入門書(金融マンのための不動産ファイナンス講座)が、全国書店でお買い求めいただけます。

【書籍情報】
書籍名:金融マンのための不動産ファイナンス講座
著者:山下章太
出版社:中央経済社
発行日:2011年3月25日
税込価格:3,150円
A5判/300頁
ISBN978-4-502-68490-6

内容(「BOOK」データベースより)
不動産をファイナンスとして利用するための基礎知識や、担保価値を把握するための手法、不動産を利用したファイナンスに関するさまざまな特徴を、難解な部分を極力排除したうえで、事例を交えながら解説。

出版社リンクページ:
金融マンのための不動産ファイナンス講座

amazon リンクページ





   はてなブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS