YENLAND TIME :  

 Top >  Library  |  印刷する印刷ページ       はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

大区分

会計・税務

中区分

企業税務

小区分

平成20年税制改正

項目

1.4. 工事進行基準の適用開始時期について

入力者 山下章太 更新日 20080601

附則の第16条には、税制改正法の読替え規定が設けられています。

これは、法律の公布・施行が4月30日となったことから、 20年度の改正項目についても制度の具体的な適用関係の明確化を図ったものです。

「工事の請負に係る収益及び費用の帰属事業年度に関する経過措置」を 規定している改正法附則第19条については、第1項の「実施日以後」を「平成20年4月1日以後」と読み替え、 「施行日前」は「同日前」と読み替え、また、2項の「施行日」は「平成20年4月1日」と読み替えることになります。

工事進行基準の適用開始は、平成20年4月1日以後に 開始する事業年度からとなり、平成21年3月31日までに開始する事業年度において着手する工事については、 経過措置によりこれまでの基準が適用できることとなります。

[出所:週刊税務通信 NO.3016 20.5.12より抜粋]



   はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク この記事をLivedoorクリップにクリップ! Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS