YENLAND TIME :  

 Top >  Library  |  印刷する印刷ページ       はてなブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

大区分

投資

中区分

デリバティブ

小区分

概要

項目

3. 金利スワップの概要

入力者 山下章太 更新日 20091122

金融商品会計基準において分類されているデリバティブは、大きく以下の3種類です。

  • 先物・先渡取引
  • オプション取引
  • スワップ取引

オプション取引については、 ストックオプションの章 で説明していますので、ここではスワップ取引の概要のみを説明します。

スワップ取引は、『何かと何かを交換する取引』です。

デット・エクイティ・スワップ(DES)も、『スワップ』が付いていますが、 これは、デット(借入)とエクイティ(株式)を交換する取引です。

主なスワップ取引は、大きく以下の3つに分かれます。

  • 金利スワップ
  • 通貨スワップ
  • クレジット・デフォルト・スワップ

金利スワップ

金利スワップは、『金利と金利を交換する取引』です。
具体的には、『変動金利』と『固定金利』を交換します。

会社が借入を行う際に、借入金利が『変動金利』の場合、将来の金利変動により借入人は、 金利上昇リスクを抱えています。

この金利上昇リスクは、借入金利を『固定金利』に変更すると回避することができます。
すわなち、金利上昇リスクを回避するには、『変動金利』と『固定金利』の交換取引を行えばいいのです。

このリスクを回避する行為を、『ヘッジ』といいます。
金利スワップとは、『変動金利』と『固定金利』を交換する取引ですので、 金利上昇リスクのヘッジ手段として利用されます。

具体的には、変動利息の借入金が存在する場合、下記のようなキャッシュ・フローが発生します。
この場合は、『変動金利』を支払います。
※初回利払額は、既に利率が1.5%に決定されているものとします。

変動利息の借入

これに対して、『変動金利』を受取り、『固定金利』を支払う金利スワップを締結したとすると、 追加で発生するキャッシュ・フローは、下図の通りとなります。

金利スワップ

これらの発生するキャッシュ・フローのうち、借入金の『変動金利の支払』と、 金利スワップの『変動金利の受取』は相殺されますので、最終的な利息支払は、『固定金利』のみとなります。

金利スワップ

このような仕組みを利用し、金利上昇リスクをヘッジするための『ヘッジ手段』が金利スワップです。
なお、金融商品会計基準におけるヘッジ会計では、以下のような用語が使用されますので、ご参考までに記載します。

  • ヘッジ対象:ヘッジを行う必要のある資産・負債(事例の借入金)
  • ヘッジ手段:ヘッジを行うための方法(事例の金利スワップ)

株式会社yenbridge(エンブリッジ)では、各種デリバティブの評価を実施しております。
業務のご依頼・お問合わせ事項が御座いましたら、下記よりお問合わせ下さい。

お問合わせ

   はてなブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS