YENLAND TIME :  

 Top >  Library  |  印刷する印刷ページ       はてなブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

大区分

投資

中区分

デリバティブ

小区分

為替予約

項目

1. イールドカーブとは?

入力者 山下章太 更新日 20091231

イールドカーブとは

【事例】利払いが発生しない残存2.5年の債権100に投資しているとします。
この債権のスプレッドは0で、現在価値を下表のスワップレートを利用して求める場合、2.5年のレートが無いため、
2年と3年のスワップレートを利用して2.5年のスワップレートを求め、債権価値を計算します。

イールドカーブとは

@線形補間で2.5年のスワップレートを求める場合、
2.5年のスワップレート=(2年のスワップレート+3年のスワップレート)÷2
=(0.6875%+0.745%)÷2=0.71625%

となります。この債権のスプレッドは0ですので、割引率は0.71625%となります。

A次に、2.5年後に発生するキャッシュ・フローが100となりますので、
債権価値=キャッシュ・フロー÷(1+割引率)^年数
=100÷(1+0.71625%)^2.5=98.23円

となります。

イールドカーブ作成の注意点

・割引計算の対象とする年限とスワップレートの年限が一致しているということはほとんどないので、
 近い年限のスワップレートから補間して対象の割引率を求める必要がある。
・ほとんどのデリバティブは、キャッシュ・フローの発生回数が1回だけではなく、複数回発生する。
・発生年数の割引率が異なりますので、発生するキャッシュ・フローの現在価値は異なる。
・6ヵ月後と3.5年後のキャッシュ・フローは、価値が異なりますので、複数のキャッシュ・フローの現在価値を求めるためには、複数の割引率が必要。
・イールドカーブは、その時点での市場の期待利回りを示すものですので、市場の予想が大きく影響する。
・イールドカーブの形は、長期金利と短期金利の市場予想によって大きく違なってくる。

イールドカーブの形は、長期金利と短期金利の市場予想によって大きく違ってきます。大きく分けると「順イールド」と「逆イールド」のような区分されます。
イールドカーブとは

イールドカーブとは



   はてなブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS