YENLAND TIME :  

 Top >  Library  |  印刷する印刷ページ       はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

大区分

投資

中区分

デリバティブ

小区分

オプション

項目

7. 新株予約権、ストック・オプションの評価

入力者 山下章太 更新日 20100217

@発行条件に基づく評価モデルの選定・作成

以下のような条件によって、評価モデルを選定し、一般的な評価モデルが利用出来ない場合には、独自に作成します。
■ 権利行使期間(行使開始日、行使終了日)
■ 権利行使のタイミング(満期日のみ、月次、随時など)
■ 権利行使価格の種類(一定・変動)
■ 権利行使価格の上限・下限の有無


A評価に利用するパラメータの推定

■ 十分に過去の株価が存在しないケースにおけるボラティリティの推定
■ 将来の配当による希薄化の推定
■ 期間構造の設定
■ 行使価格と株価の乖離によるボラティリティ・スマイル(スキュー)の設定の要否


Bオプション価格の算定



   はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク この記事をLivedoorクリップにクリップ! Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS