YENLAND TIME :  

 Top >  Library  |  印刷する印刷ページ       はてなブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

大区分

会計・税務

中区分

個人税務

小区分

政治資金監査

項目

75. 政治資金監査人の指摘等により修正された場合の、政治資金監査報告書の取扱い

入力者 山下章太 更新日 20100620

平成22年1月、政治資金適正化委員会から政治資金に関するQ&Aが公表されていますので、ご紹介します。

Q: 収支報告書等に記載不備があったものの、政治資金監査の過程で登録政治資金監査人の指摘等により修正された ときは、記載不備があったものの修正された旨を政治資金監査報告書に記載する必要はあるのか。

A: 収支報告書等に記載不備があったとしても、政治資金監査の過程で国会議員関係政治団体側の判断において修正されれば、 当初から記載不備がなかったものとして取り扱って差し支えありません。したがって、記載不備があったものの修正された旨を 政治資金監査報告書に記載する必要はありません。


税理士法人赤坂綜合会計事務所では、政治資金監査を実施しています。

詳細は、こちらをご覧下さい。
政治資金監査業務に関するご案内



   はてなブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS