YENLAND TIME :  

 Top >  Library  |  印刷する印刷ページ       はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

大区分

ビジネス

中区分

IPO

小区分

概要

項目

1. IPOのメリット・デメリット

入力者 桂田敬子 更新日 20110418

IPOとは、株式新規公開(Initial Public Offering)のこと。

IPOをすると、株式が市場で取引され、情報公開の義務が発生し、これがIPOの大きな変化といえる。

以下、上場後に生じる事象のメリットとデメリットを表示する。

IPOにより生じる事象 メリット デメリット
株式が市場で取引される ・株価決定の透明性の確保
・株式流通性の確保
・創業者利潤の実現
・資金調達能力の増大
・望まぬ株主の発生(敵対的買収等)
・支配権喪失の潜在的危機
・株式取引に関する規制(インサイダー取引等)
情報開示義務の発生 ・会社の発信する情報に対する信頼性の確保 ・不利な情報でも開示の義務を有する
取引所の審査により上場し、上場後も監督を受ける ・経営体質の改善
・社会的信用の増大
・従業員のモラルの向上と人材の確保
・審査を意識した組織や規定への変更(上場対応の会計基準の変更等)
・上場維持コストの発生(会計監査費用等の増加)




   はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク この記事をLivedoorクリップにクリップ! Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS