YENLAND TIME :  

 Top >  Library  |  印刷する印刷ページ       はてなブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

大区分

投資

中区分

デリバティブ

小区分

為替デリバティブ

項目

2. 為替デリバティブの評価の基本的な考え方

入力者 山下章太 更新日 20120324

決済額と評価額の違い

為替デリバティブの決済額は、決済レートの計算日に決定しますが、為替デリバティブの評価額と実際の決済額は、何の関係もないというのが特徴です。
詳しくは、別ページで紹介していますので、こちらをご覧ください。「時価評価と決済額の違い

例えば、1ドルを90円で購入する通貨スワップは、為替レートの決定日に1ドルの価値と90円を比較して決済額を決定します。

決済額は、差金決済(円建の差額のみを受取ったり、支払ったりする決済方法)と、総額でそれぞれ支払いを行う方法の2種類がありますが、 実際は受取った米ドルの価値を円環算して損益を把握するため、決済方法が違っても、「損した金額」「得した金額」に違いはありません。

米ドル買い・日本円売りの通貨スワップの評価額は、評価する時点の為替レート(スポット・レート:その時のレート)と日米金利差から作成していきます。

これは、別のページでも触れていますが、

米ドルの金利:5%
日本円の金利:1%

とした場合、1年後に今と同じ為替レートで決済する場合、米ドルを売る方が得します。

1年間5%(米ドル)の金利を受取って、今と同じ為替レートで買い取ってもらえるとすると、リスクを取らずに利益が確定することになります。

基本的に、デリバティブの世界では、このような都合のよい取引(リスクなしに利益だけ確定する:裁定取引)というものは許されないと考えます。

このような性格を有しているため、米ドルを1年間運用して得られる5%というものは、控除して為替予約を行う必要があります。
※厳密には、日本円の金利1%も加味して、為替予約を行います。

たとえば、1ドル=90円だったとすると、1年後の米ドル金利5%と日本円金利1%による影響を等しいとして評価することになります。

1ドルの1年後の価値=1ドル×1.05=1.05ドル

90円の1年後の価値=90円×1.01=90.9円

この二つが等しいとすると、1年間のフォワードレート(為替予約レート)は、
フォワードレート=90.9円÷1.05=86.6円/米ドル
となります。

日本円と米ドルの金利を比較すると、米ドルの金利の方が高いため、フォワードレート(為替予約レート)は、 今の為替レート(スポットレート)よりも低く(円高)になります。



為替デリバティブの評価の前提

為替デリバティブは、為替スポット・レート(その時のレート)と金利差によって算定します。

先ほど、フォワードレート(為替予約レート)と記載しましたが、為替デリバティブはフォワードレートを使用して計算します。

日本円と米ドルの金利を比較すると、米ドルの金利の方が高いため、フォワードレート(為替予約レート)は、 今の為替レート(スポットレート)よりも低く(円高)になります。

2011年12月末時点で、フォワード・レートを作成すると下記のようになります。

為替フォワードレート(日本円と米ドル)

フォワードレート

このグラフからも分かるように、年数が長くなればなるほど、金利差による影響が増加して、ますます為替レートは低く(円高)なっていきます。

すなわち、為替デリバティブは、全て為替レートが低く(円高)なっていくことを前提に評価をしていきます。

先ほど、決済額と評価額は何の関係も無いと書きました。
2011年12月末時点では、為替スポット・レートは1ドル=77円でしたので、 1ドル=70円で為替予約をした場合、為替レートは70円を下回らないかもしれません。

ただし、フォワードレートは、10年くらいで70円を下回っていき、25年くらいで60円を下回ります。

為替デリバティブの考え方としては、デリバティブの期間において、1ドル=70円になっても、ならなくても特に構いません。

2011年12月時点を基準にすると、10年の日本円と米ドルの為替予約は70円/米ドルなので、 70円/米ドルよりも高い為替予約レートで契約が締結できると利益が出ます。

デリバティブは、相手先と締結したデリバティブ取引を、ニュートラルにするために、別の先と逆の契約を締結してヘッジします。
下記のように、A社とデリバティブ取引を締結したB社は、デリバティブのリスクをヘッジするために、C銀行とデリバティブ契約を締結します。

フォワードレート

2011年12月時点を基準にすると、B銀行はA社と10年間の為替予約を71円/米ドルで締結して、 C銀行と70円/米ドルで契約を締結できると1円/米ドルの利益となります。




株式会社yenbridge(エンブリッジ)では、為替デリバティブの評価を実施しております。
業務のご依頼・お問合わせ事項が御座いましたら、下記よりお問合わせ下さい。

デリバティブ評価業務

お問合わせ

   はてなブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS