YENLAND TIME :  

 Top >  Library  |  印刷する印刷ページ       はてなブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

大区分

投資

中区分

証券化取引

小区分

概要

項目

1. 証券化取引とは

入力者 山下章太 更新日 20071012

ソフトバンクが携帯電話事業に参入した時、サブプライム問題が発生した時など、 「証券化」という言葉がよく新聞などに記載されています。
新聞記事の中によく”SPC”、”CDO”などの専門用語が頻繁に登場しますが、 証券化・流動化とは、資産を担保として債券を発行したりする取引ですので、 何が担保となっているかによって、種類が異なってきます。

「流動化」とは、資産を保有する会社が資産を分離し、その資産を裏付けとして資金調達を行うことです。 「証券化」とは資金調達を行う際に、"証券"が発行されるタイプのもので、「流動化」の一種です。


具体的な話に入る前に、証券化・流動化関連の用語を以下で少し説明します。

用語 説明
SPC "Special Purpose Company"の略で、「特別目的会社」と日本語では訳されています。 ある特別の目的をもって設立され、運営される会社のことです。
普通の会社(株式会社、合同会社など)と会社形態は同じような場合が多いのですが、 流動化のために譲渡された資産を運用するなど、特定の目的のために設立される点が異なります。
ただし、SPCとは様々な使われ方をしますので、 何かの目的で作られた会社(ヴィークル:箱、エンティティ:事業体)であれば、とりあえずSPCと呼んだりします。 なお、類似語に"SPV"や"SPE"というものがありますが、 "SPV = Special Purpose Vehicle"、 "SPE = Special Purpose Entity"の略で、 会社以外の対象(組合など)を含めた包括的な概念として表現したいだけで、それほど大きな違いはありません。
TMK こちらも特別の目的をもって設立され、運営される会社ですが、 「資産流動化法」という法律に基づき設立されていることから、 SPCと区別するために「特定目的会社」と言われています。
ちなみに、TMKは、"Tokutei Mokuteki Kaisha(特定目的会社)"の略です。

TK "Tokumei Kumiai Shusshi(匿名組合出資)"の略です。
YK 旧商法での"Yugen Kaisha(有限会社)"の略です。
KK "Kabushiki Kaisha(株式会社)"の略です。
GK "Godo Kaisha(合同会社:LLC)"の略です。
CLO "Collateralized Loan Obligation(貸付債券担保証券)"の略です。
貸付債権の流動化を目的として組成される証券化スキームの一種で、銀行・消費者金融・地方公共団体などが 投資効率を上げるために、証券化をしています。
CBO "Collateralized Bond Obligation(債券担保証券)"の略です。
債券の流動化を目的として組成される証券化スキームの一種です。
CDO "Collateralized Debt Obligation(負債担保証券)"の略です。
発行体(債務者)から見た負債を担保にした証券化です。 保有者から見た貸付金(資産)も、発行体から見れば借入金(負債)となりますので、 対象となるDebt(負債)がローンであればCLO、社債であればCBOになります。
CDOは、CLOやCBOなどを含む広い概念として使われています。
ABS "Asset Backed Securities(資産担保証券)" の略で、ローンやリース債権を担保にした証券です。
CDOは、債務者サイドから見た概念ですが、ABSは債権者サイドから見た概念です。
WBS "Whole Business Securitisation(事業証券化)" の略で、 事業そのものが生み出す将来キャッシュ・フローを担保にした証券化です。
ソフトバンクが携帯電話事業から発生するキャッシュ・フローを担保にして証券化を行いましたが、 日本ではこれが代表的なWBSの事例となっています。
オリジネーター 資金の調達主体である会社。もともと資産を保有していた原債権者。
サービサー 債権の管理・回収業者のこと。SPCなどの代わりに債権を回収します。


   はてなブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS