YENLAND TIME :  

 Top >  Library  |  印刷する印刷ページ       はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS

大区分

投資

中区分

株式投資

小区分

評価-非上場株式

項目

7. M&Aにおけるプレミアム

入力者 山下章太 更新日 20090201

M&Aの対象となる会社が上場企業の場合、市場の株価よりも高い価格で取得されることがしばしば行われています。

1つとしては前述のコントロール・プレミアムも要因の一つと考えられますが、様々な要因によって買収プレミアムが支払われています。

2007年11月9日を基準日としてBloombergから取得した上場会社のM&Aに係る買収プレミアムの平均値を国別に算定したものが以下の通りです。

買収プレミアムは、20〜30%と考える方も多いのですが、様々な理由から日本では平均的な買収プレミアムは10%を下回っています。

M&Aのプレミアム

プレミアムの金額は、個別事例によってかなり差が生じていますので、一概にX%ということはできませんが、 少なくとも上場企業の支配権を取得するような取引においては、 プレミアムを支払うことが一般的に行われているといえます。

なお、会社の支配権は過半数超や2/3超であることを前提とする場合もありますが、 特に上場会社の場合は株主数が多いため、10%程度でも筆頭株主となるケースもありますので、 一概に議決権割合X%で会社を支配していえるかという議論も存在します。


株式会社yenbridge(エンブリッジ)では、上場・非上場株式の評価を実施しております。
業務のご依頼・お問合わせ事項が御座いましたら、下記よりお問合わせ下さい。

お問合わせ

また、株式会社yenbridge(エンブリッジ)では、企業価値評価に必要なデータの配信サービスを行っております。
ご興味のある方は、こちらからご覧下さい。
企業価値評価用データ配信サービス



   はてなブックマークに追加 Buzzurlにブックマーク この記事をLivedoorクリップにクリップ! Yahoo!ブックマークに追加 このページを Google Bookmarks に追加 RSS