大区分 投資 中区分 不動産
小区分 コラム
項目 シンジケートローン
入力者 山下章太 更新日 20180914


シンジケートローン

不動産ファイナンスについて様々な解説を行っていますが、 今回は借入を行う際に利用されるシンジケートローンについて解説します。



1.シンジケートローンとは

不動産の金額は通常大きくなりますが、特に大規模開発などにおける資金を調達しようとすると、 金額が大きすぎて1つの銀行だけでは対応できないケースがあります。
このような場合、他の金融機関を召集して融資を行うようなケースがあります。
このような融資スタイルを「シンジケートローン」といいます。
シンジケートローンの契約は、譲渡が可能な契約書となっていますので、通常の貸付契約と比較すると、 資金化が容易に行うことができるのも特徴です。

「シンジケートローン」は協調融資と日本語訳される場合が多くみられますが、 複数の金融機関が一つのグループ(「シンジケート団」)となって単一の契約書のもとに 借入人に対して行う貸付のことをいいます。
シンジケートローンは、欧米の金融スタイルからきているものですので、 従来の日本の貸付にはない言葉や概念があります。



2.シンジケートローンを利用するメリット

まず、シンジケートローンには、アレンジャーやエージェントという役割がありますが、 アレンジャーはシンジケートローンを組成(アレンジ)する銀行で、エージェントは事務管理を行う銀行です。

シンジケートローンで融資を行うメリットは、貸付人、借入人それぞれ以下のように整理できます。

【貸付人(アレンジャー)のメリット】

  • 複数の金融機関と協調融資を行うことができるため、クレジットリスクを分散できる
  • 貸付契約が売却を前提にしたものであるため、貸付金の売却が通常の金銭消費貸借契約と比較すると簡単に行うことができる
  • 案件組成手数料を得ることができる

【貸付人(参加行)のメリット】

  • あらかじめ条件が固まっているので、経済条件が良ければ、参加表明するだけで融資することができる
  • 貸付契約が売却を前提にしたものであるため、貸付金の売却が通常の金銭消費貸借契約と比較すると簡単に行うことができる
  • 面倒な事務手続や担保管理等をエージェントに任せることができる

【借入人のメリット】

  • 融資条件をアレンジャーのみと交渉することで、資金調達を行うことができる
  • 弁済等もエージェント口座に対して行えばよいため、複数の金融機関に個別対応する必要がない



3.タームローン方式、リボルビング方式

シンジケートローンには、「タームローン方式」と「リボルビング方式」という2種類の契約形態があります。

<タームローン方式>

「タームローン」とはユーロ市場で用いられていた用語で、「期間貸付」と直訳されている書籍もあります。
一般的な貸付だと思ってください。

ただし、日本の伝統的な貸付契約は「金銭消費貸借契約」という片務形式(貸付人がお金を出すだけ)であるに対し、 タームローンは、「貸出実行の前提条件」を満たしてはじめて借主は金銭交付を受けることができるという、 双務契約(借入人が約束を守って、はじめて貸付人がお金を出す)であるという違いがあります。

シンジケートローンでは、債権譲渡等を前提にしていることや、参加金融機関が銀行だけではないことから、 統一的に貸付の契約を作成することが必要となりますので、タームローン方式が多く採用されています。

タームローン方式は、リボルビング方式とは異なり、弁済された資金については再度借入を行うことはできません。


<リボルビング方式>

「リボルビング」とは「回転」という意味ですので、契約期間内に何度でも回転(借入・返済) ができるという方式の契約形態です。
こちらは、コミットメントライン契約が前提となりますが、主に運転資金需要に応えるために、利用されています。

通常の貸付における短期運転資金融資が、シンジケートローンにおいては「リボルバー」と呼ばれていると理解しても、 それほど間違いではありません。

タームローンは、一定の資金枠を設定したとしても、返済した場合の借入枠は復活しませんので、 繰返し借入・返済を行う場合には、契約形態をリボルビング方式にしておく必要があります。




上記コラムは、週刊ビル経営(2014年07月14日号)に掲載されたものです。
掲載当時の法律、会計基準、税制を基に記載をしておりますので、現時点の内容と異なる場合があります。
詳細は、下記をご覧下さい。

月一連載:プロオーナーになるための財務基礎知識

週刊ビル経営:2014年07月14日号

週刊ビル経営は、 ビル経営者および不動産関係者のための業界新聞です。

週刊ビル経営:Webサイト